12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ABOUT ME
Thanx for your love!!
LOVE
IT’S IN THE STARS(初回限定盤)(DVD付)(w-inds., shungo., Koma2 Kaz, Hayato Tanaka) / カップリングふくめた三曲がうまい具合に繋がっています。新感覚のノンストップリミックス!聞いてて元気になれます。 ageha(w-inds.) / 名曲ぞろいのアルバム。ハズレ無し!葉山さまプロデュースの四季,スキマスイッチ提供のキレイだとマバタキの夢はきいて損無し。 スターゲイザー(スピッツ,草野正宗,亀田誠治) / あなたを見つめているだけで、幸せなんです。 魔法のコトバ(スピッツ, 草野正宗, 亀田誠治) / キラキラ、ファンタジックな曲。 TRIAL(w-inds., shungo., Koma2 Kaz, Takamitsu Shimazaki) / とにかく、けたさまの声が素敵。ギターの音も耳に心地よい。 アカツキの詩 (初回限定盤)(DVD付)(スキマスイッチ) / 優しく穏やかなメロディーとは裏腹に切ない歌詞
クリック募金


分散設置型クリック募金donation.jp
クリックするだけで、皆様の代わりにそれぞれの企業が募金をしてくれます。 なので皆様に一切の金銭的負担はありません。
w-eblogs.
w-eblogs..gif
SUMMEEEEER☆
w-inds. live tour 2008 "Seventh Ave."
0730 KAWAGUCHI
0731 KAWAGUCHI
0827 BUDOKAN
0828 BUDOKAN
0830 NAGOYA
けたさま



だいすきな君が、永遠に輝いていられますように。
<< ヒミツの花園 第五話&第六話 | main | Journey発売おめでとう。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
葉山さんへの愛を語ってみる。
葉山さんは偉大だ。

といきなり褒め称える文章からはじめます。
私は葉山さんのことをそんなに知らないけれど、
それでも彼の音楽が本当に大好きです。
今日の日記は若干気持ち悪いかもしれませんが、
どうぞお許し下さい。葉山さんへの愛なら私何時間でも語れるかも知れない。

最初に、私が葉山さんにであったのがFeel The Fateをきいたときでした。
当時すきだったハ○プロ目当てでみていたPOP JAMに
かわいい男の子三人組が登場したんですよ。
このときは「ああいい曲だな」とおもった程度でした。
けれど、その数ヵ月後にFeel The FateのCDをかりて
Will be there〜恋心という曲に出会って
すごく気に入って聞いていたのが、記憶に残っています。
正直このへんの記憶は凄く曖昧です。でも2曲とも好きだったのは確か。

そして数ヵ月後、突然であったのがParadoxでした。
たまたまつけていたTVから、POP JAMが流れてきたんです。
昔はきんきが好きだったので、こういちくんが司会のPOP JAMを
毎週見ていたんですよー。懐かしい・・・。
このときの慶太さんの天使の歌声に衝撃を受け、w-inds.のファンに。
1st messageを友達からかりて、どっぷりとw-inds.の世界にはまっていきました。
その時に好きになった曲。

Feel The Fate
Winter Story
Paradox
Forever Memories
Endless Moment
New-age Dreams

とにかく、この6曲が好きでした。
あ、あと葉山作品以外だったら、Give you my heartもすきだったな。
今まで私は曲を「歌手が好きだから」「流行っているから」という理由でしか
聞いてなかったんです。歌詞にもメロディーにも全く興味が沸かなかった。
だから、よく耳にするシングル以外は興味がなかったのに、
この時はじめてアルバム収録曲にすごく興味をそそられたんです。
この6曲を聴いて私の中で何かが変わりました。
あまりにも気に入ったので「こんな素晴しい曲を書いたのは誰だろう」とおもって
調べてみたら、そこには全てHiroaki Hayamaの名前がありました。
これが私が葉山さんを気にしだしたきっかけ。
とくにね、Paradoxのアルバムremixがすごくすきだったなー。
後々、あのだいすきだったピアノイントロは
葉山様ご本人が弾いていらっしゃったということに気付くわけですが(笑)
そのあとスピッツとの出会いもあり、
私は以前より曲の世界や歌詞を気にするようになりました。
そのころは、w-inds.はすきだったけれど
熱狂的に好きなわけではなく、テレビに出てたらたまに見るくらい。
ただ、友達に借りてあまりにも気に入ってしまった1st Messageは
テープに録音したものを繰り返し繰り返し聞いてましたが、
それだけでは満足できなくなってしまったんです。
きちんと、歌詞カードを読みながら聞いていたかった。
そこで父親に頼んでCDを日本で買ってもらい、いつもいつも聞いてました。
けれど、その当時はインターネットをやりはじめたばかりで
雑誌も手に入らなくて情報もなかったので、あまり新曲だとか
PVだとかそういうところにまでは頭が回りませんでした。

日本に帰国した時に、ふと思い出してw-inds.のコーナーを
レンタルショップでのぞいてみたところ
出逢った(こう書くと、葉山さんっぽい?)のがTHE SYSTEM OF ALIVEでした。
やっぱりw-inds.はいいなぁ、とおもいながら聞いてて気に入った曲。

try your emotion
THE SYSTEM OF ALIVE
Another Days
Find Myself

作詞作曲者を調べてみたら、やっぱり葉山さんだった。

それからもw-inds.とはつかずはなれず。
発売されて半年ほどたってからふと思い出して購入した
PRIME OF ALIVEもヘビーリピートして
すごく好きだったのですが、1st MessageやSYSTEMでかんじた
感動は特になく。そのまま時は過ぎていきました。
途中でキレイだ、という楽曲にほれ込んで
スキマスイッチという名前を覚えましたが(笑)

そして04年10月。
たまたまみていたPOP JAMにw-inds.が登場。
すごく、すごくびっくりしました。まさかでるとはおもってなかったからです。
その時に流れてきたのは「四季」
その日以来、あの切ないメロディーガ私の頭から離れませんでした。
久し振りの感覚でした。

そして同じ年の紅白歌合戦。
楽しみにしていたw-inds.が歌ったのは「四季」
「あ、あの曲か」と思いながらみていると
タイトルの部分に「作詞・作曲Hiroaki Hayama」の文字。
ああ、やっぱり。あの人だったんだ、と
すぅっと謎が解けました。このとき確信しました。
私は、彼の造る世界がすきなんだなぁって。

それからの半年間、「四季」をきっかけに
なんとなく私の中でw-inds.の存在が大きくなって
ついに「だいすき」な存在となったのがageha発売の頃です。
このころ、インターネットでw-inds.のライブレポや
ラジオレポをよんだり、ブログを周るようになって
葉山さんがファンの中でも凄く人気の高いことを知りました。

私にとって、葉山さんとの出会いはすごく運命的だったんです。
運命的とか、私が一方的に言ってるだけなので
葉山さんからしたら大迷惑でしょうが
運命なんです。まさにFeel The Fate(おい)
葉山さんが私の人生を変えたといっても過言ではありません。
私が音楽を好きになったのも、文章を書くのが好きになったのも
葉山さんがいたからだと思ってます。
そして、w-inds.のファンにもなっていなかったでしょう。
彼に出逢ってなかったら。大袈裟ではなく本当に。
高校に入ってからは、音楽の勉強を始めて
より葉山さんの作り上げた音楽が大好きになりました。
私はまだw-inds.を通した葉山さんしか知らないので
日本に帰ったら葉山プロデュース作品をたくさん聞きたいなぁと思ってます。


・・・けれども私は、葉山さんの曲で好きなところは?
っと聞かれると、ぱっと答えることが出来ません。
必ずしも葉山作品を聞いて、気に入るとも限らないんです。
何故なら、葉山さんの曲は消化するのに凄く時間がかかるから。
最初に聞いてから、数ヶ月たたないと曲のよさが分らないことも多い。
へたすれば、一年間くらいピンとこないこともあるんです。
けれど、その間中頭からメロディーがはなれなくて、
ずっとずっとその曲の事が気になってしまいます。
その良い例が「四季」
ずっとずっと、頭から離れなかった。歌詞も、メロディーも。
「凄く好き」というわけでもないのに、頭から離れなくなってしまう。
けれど、強いて言えば葉山さんの「繊細さ」に惹かれているのかなぁとおもいます。
すごく、丁寧。全てにこだわって、ひとつひとつ丁寧に作り上げられてる。
一音も、聞き逃したくないって思わせてしまうようなものばかりなんです。
だからこそ、私を含め、多くの人を魅了してやまないんだと思います。
でもって、この「繊細さ」にw-inds.のダンスや歌声が
本当にマッチするんですよね。もっともっと、輝きだす。
葉山さんの音楽も、w-inds.も。

昨日、寝る前に葉山さんのインストロメンタルミュージック
「舞」を聞きました。本当にこの曲、名曲だと思う。
優雅さゆえの脆さが良く表現されていて。最後のほうになるといつも切なくなっちゃう。
私はとぅーるびよんのボーカルさんが凄く苦手なので
彼らのCDは買おうと思ってなかったのですが
TSUTAYAをうろうろしてたら、彼らのシングルが中古で100円で売っていまして。
「損してもいいや。葉山さん作曲だといいな」と思いながら
ためしに買ってみたんですね。そしたらA面はいのらんさん作曲だったのですが、
カップリングが見事に葉山様作曲!しかもインストロメンタル(つまりボーカルさんは歌ってない)
これもある意味運命的な出会いでした。
とぅーるびよんのライブツアーのコーナーのひとつで、
葉山さんがこの「舞」をソロ演奏したそうなのですが、
めちゃくちゃ聞きたかったな・・・葉山様・・・
とぅーるびよん、ぼーかるさんの声を好きになれたら
絶対にツアーいくのに!!!葉山様の生演奏聞きたいー・・・。

次のアルバムには葉山作品が収録されるわけですが、
いったいどんな曲に仕上がってるのでしょうか。
早く聞きたい。あと2週間、ワクワクしながら待っていたいと思います。
それにしても、大分長くなりました。
またいつか、w-inds.と葉山さんのコラボレーションが復活してくれることを
願ってやみません。だってw-inds.と葉山さんほどのベストコンビってなかなかいない。
葉山さん、愛してます・・・!
最後に一応書いておきますが、私は葉山さんしかみえていない
盲目信者というわけでは決してありませんので。
葉山さん提供曲いがいの楽曲も、好きなものはたくさんあります。
勿論、最近ちょっと私が叩き気味な、洋楽系のものも
だいすきなのはたくさんあるんですよー。(IT'S IN THE STARSとかPearl Danceとかね)


* * *

ところで、全然話は変わりますが
ここ半年、バラード系の曲を歌うktsmの歌声を聴くと
私がすごく苦手な(上記の)彼を思い出すようになって
少し危機感を覚えています・・・ねっちり系・・・ううう。
| w-inds. music/DVD | 01:36 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 01:36 | - | - |