12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ABOUT ME
Thanx for your love!!
LOVE
IT’S IN THE STARS(初回限定盤)(DVD付)(w-inds., shungo., Koma2 Kaz, Hayato Tanaka) / カップリングふくめた三曲がうまい具合に繋がっています。新感覚のノンストップリミックス!聞いてて元気になれます。 ageha(w-inds.) / 名曲ぞろいのアルバム。ハズレ無し!葉山さまプロデュースの四季,スキマスイッチ提供のキレイだとマバタキの夢はきいて損無し。 スターゲイザー(スピッツ,草野正宗,亀田誠治) / あなたを見つめているだけで、幸せなんです。 魔法のコトバ(スピッツ, 草野正宗, 亀田誠治) / キラキラ、ファンタジックな曲。 TRIAL(w-inds., shungo., Koma2 Kaz, Takamitsu Shimazaki) / とにかく、けたさまの声が素敵。ギターの音も耳に心地よい。 アカツキの詩 (初回限定盤)(DVD付)(スキマスイッチ) / 優しく穏やかなメロディーとは裏腹に切ない歌詞
クリック募金


分散設置型クリック募金donation.jp
クリックするだけで、皆様の代わりにそれぞれの企業が募金をしてくれます。 なので皆様に一切の金銭的負担はありません。
w-eblogs.
w-eblogs..gif
SUMMEEEEER☆
w-inds. live tour 2008 "Seventh Ave."
0730 KAWAGUCHI
0731 KAWAGUCHI
0827 BUDOKAN
0828 BUDOKAN
0830 NAGOYA
けたさま



だいすきな君が、永遠に輝いていられますように。
<< 冷静に照らし合わせてみれば | main | 珍しく >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
SO BETTER BELIEVE IN BETTER BILIEVE IN YOURSELF
うーん、また日にちがあいてしまいました。
なかなか定期的にPC触れられないのと、うまく文章がまとまらないのとで
更新できませんでした。
大学はいったら個人のPC持てるので
(個人のPCって変な表現だけどね。パーソナル・パーソナルコンピューター?/笑)
もうちょっと更新できるやもですが・・・私の部屋からはネットできないしなぁ。

さてさて、先週の日曜日はSちゃんと遊んできましたよん。
一応、名前伏せようかな。多分伏せてもあんま意味ないとおもうけれど(笑)

私が弱っているときにメールをくれて、
そのときに「遊びたいよーーー」ってわめいたらライブに誘ってくださったのです。
またそのライブの感想は近いうちにアップしますが、素晴らしかったですよ!!!
んもうめちゃくちゃ近かった!そして大迫力だった!!!
すっごくよい体験でした!誘ってくれてありがとう♪
To All tha Dreamersとかヘビリピしてるよ・・・うっかりファンになったらどうしよう(笑)

最近頻繁に会えてるSちゃん。
ライブの前には109でROJITAみて萌え萌えしたり
(だってほんとかわいいんだもーん!私には絶対サイズ合わないけどね/涙)
ゲーセンでプリクラ撮って、ゲームしたりしてました。
楽しかったねぇー。やっぱアンサーアンサーはおもしろい。
Sちゃんと一緒にいると、テンションあがるけれど
なんでも話ができて、すごく安心します。
過去のことも、今のことも、未来のことも、w-inds.のことも。
こういうお友達ってほとんどいないから、すごくうれしいです。
これからもぜひ頻繁に会ってください(笑)

んで腹ごしらえにマックにいったのですが
そこでは語ったねぇ・・・w-inds.のこと・・・。
今回はあんまり龍ちゃんが!けたさまが!(はあと)みたいな話はしなかったのですが
(したといえば、109に慶太くん荷物持ちでくるんだろうねぇとか、
しょこたんと龍ちゃんが同じクラスとか最高だよね、とかそのくらい)
シリアスな話はいっぱいしました(笑)
詳しくは控えるけど、
とりあえず慶太くんの迷走をとめられるのは
(っていうかもうここまでくると暴走に近いと私はおもうときがある)
桜井さんしかいないね・・・という結論に達しました。
あとはしゅんちゃんの話とか、
某番組における、誰かさんの信じられない発言とか(w-inds.自信が発した言葉じゃないよ)
ほんと怒りがふつふつと湧き起こりましたよ・・・!!!

どうしたら、いいんだろうね。
よくわからないや。
誰か、彼らを守ってあげられる人が近くに現れてくれれば良いのにね。


彼らがものすごく、努力しているんだろうということはわかる。
苦しみも、葛藤も、私なんかがうだうだ言う前に抱えているのでしょう。
実際にオリスタでぽろっとそのようなことをもらしていたしね。
だから私も、橘慶太、千葉涼平、緒方龍一という
3人の男性を嫌いになることはないだろうけれど、
w-inds.は別。とくに、w-inds.のKEITAは別。
私が彼らをすきになったきっかけは、外見でも、パフォーマンスでもなく、
慶太くんの歌声であり、楽曲だったから。
それが私の望むものと、これ以上ずれてきてしまったのなら、
好きでいられる自信は、ない。

でも、それでも彼らから目が離せないのは
彼らの存在が私の中で大きすぎて、
いなくなってしまったときの巨大な喪失感を、恐れているからっていうのもあるのかも・・・。
だからこそ、こうやって相変わらず頭の中は3人のことでいっぱいだし
それと同じくらい彼らの未来を「信じていたい」って思っているのかな。

Sちゃんが「普通こんなに文句言うのは嫌いな人だけなのに、なんで彼らを好きでいるんだろうね」
というようなことをポツリともらしていて(ちょっと違ったらごめんね/汗)、
そのときは超適当に「愛情の裏返しだよ!」って答えてしまったけれど
実は私もずっと疑問に思っていたところだったから、改めて考えてみたよ。


うーん、なんか最近こういう記事ばっかだ。
一年以上抱えていたわだかまりを形にして吐露してしまったことによって、
いろんな想いが止まらなくなってしまったみたい。
これでも、きちんとすきなんだけれどな。
意見の違う人から見たら、なんでもっと素直にすきだといえないんだって思われちゃうかな。
けど、少なくとも今の私は慶太くんと龍ちゃんと涼ちゃんが好きだから
w-inds.もすき!といえるほど一途にはいられないのです。
慶太くんのこともすきだけれど、私はそれ以上に
彼らと、彼らの周りの人たちが一緒に生み出してきた音楽がすきなのです。
でも、相変わらず頭は3人のことでいっぱい。

あ、でもね。Past Tenseを聞いて
久々に「良いなぁ」って心の底から思ったんです。
w-inds.の曲を聞いて、身震いがするような感動を受けたのは久しぶりでした。
すごく、うれしかったな。ずっと待ってたんだもん、この感覚。

FCもやーっと入ったことだし、FCイベが楽しみだなぁ。
はやくライブ行きたい。
| Love, w-inds.!!! | 18:11 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 18:11 | - | - |