12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ABOUT ME
SELECTED ENTRIES
Thanx for your love!!
LOVE
IT’S IN THE STARS(初回限定盤)(DVD付)(w-inds., shungo., Koma2 Kaz, Hayato Tanaka) / カップリングふくめた三曲がうまい具合に繋がっています。新感覚のノンストップリミックス!聞いてて元気になれます。 ageha(w-inds.) / 名曲ぞろいのアルバム。ハズレ無し!葉山さまプロデュースの四季,スキマスイッチ提供のキレイだとマバタキの夢はきいて損無し。 スターゲイザー(スピッツ,草野正宗,亀田誠治) / あなたを見つめているだけで、幸せなんです。 魔法のコトバ(スピッツ, 草野正宗, 亀田誠治) / キラキラ、ファンタジックな曲。 TRIAL(w-inds., shungo., Koma2 Kaz, Takamitsu Shimazaki) / とにかく、けたさまの声が素敵。ギターの音も耳に心地よい。 アカツキの詩 (初回限定盤)(DVD付)(スキマスイッチ) / 優しく穏やかなメロディーとは裏腹に切ない歌詞
クリック募金


分散設置型クリック募金donation.jp
クリックするだけで、皆様の代わりにそれぞれの企業が募金をしてくれます。 なので皆様に一切の金銭的負担はありません。
w-eblogs.
w-eblogs..gif
SUMMEEEEER☆
w-inds. live tour 2008 "Seventh Ave."
0730 KAWAGUCHI
0731 KAWAGUCHI
0827 BUDOKAN
0828 BUDOKAN
0830 NAGOYA
けたさま



だいすきな君が、永遠に輝いていられますように。
<< 久しぶりに | main | 春がきた >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ONE+LOVE WORLD
ちょうど半年振りにw-inds.をみにいってきました。
いつかw-inds.の野外ライブをみにいきたいなぁと思っていたのですが、
かなってよかったです!
あ!グッズはタオルを買いました。
シリコンバンドはw-inds.もつけてたのでそっちが人気あったみたいですが
ラバーバンドっていくつか持ってるけど、
あんまつけないんだよね・・・だから意味ないって言う。
それだったら、タオルのほうがよく使うし
アピールにもなるかなぁとおもって。

以下セットリストのネタバレなど入っておりますので
お気をつけください。
ちなみに今回イベントに一緒に参加してくれたのは
まなみちゃんと朱音ちゃんでした。
楽しいひと時をありがとう!パーカーのフードかぶるのは変質者!
朝4時半おきで会場に向かいました(笑)
ついたのは九時前・・・くらい?もうちょっと前かな?だったけど。

結構待ちましたが、
でもリハーサルを聞いてたり、しゃべってたりしてたらあっという間でした!
あと、トイレ待ちをしてたら偶然ダンサーさんたちの会場入りや(真横を通っていった・・・)
w-inds.の入りにまで遭遇してしまい、
心の準備をしていなかった私は少々動揺してしまいました・・・
こういうのに弱い人間なんです・・・なんか怖くて。
あの独特の空気というか、なんと言うか・・・
龍ちゃんの後姿だけ見ましたが、華奢でちっちゃかった・・・
髪の毛ひとつ結びで、革ジャンきてました。
「あれは本当に龍ちゃんだったのかなぁ・・・しんじらんない」といったら
お友達に「ちっちゃくて華奢で長髪ひとつ結びなんて龍ちゃんしかいないよ」
といわれて、ちょっとうけました。たしかに・・・たしかにぃー(←最近の私の口癖)

リハーサルの時点で慶太くんの喉の調子のよさに感動したのですが、
(会場が野外ステージだったので、w-inds.とDA PUMPのリハのときには、
スクリーンがつけられて、見えないようにされていました。
なので音声だけ聞ける状態)
セットリストまるわかりー(笑)
途中で風でスクリーンがまくれるというハプニングもあり(みえなかったけど)
ファンがキャーキャー騒いでたのが面白かったです。
なんか女の子のスカートがめくれたときの反応みたい・・・(笑)
贅沢にも、目を瞑って聞いたりもしてみました。
今回のイベントは野外だから音響には期待してなかったんだけど
音もすっごく綺麗で、快適だったので本当に気持ちよかったです。

で、いよいよ本番。
一部と二部にわかれていて、一部はダンサーさんとLOVE JUNXの子供たちの
パフォーマンスでした。
LOVE JUNXのメンバーたちは、本当に心からダンスと音楽を愛しているのが伝わってきて、
こちらまで楽しくなるようなパフォーマンスでした。
特にLOVE JUNX KIDSがかわいかった・・・!
ダンサーさんたちの演技は本当に本当に素晴らしかったです。
唖然、というかんじ。
子供たちが多いことを予想してか、どのグループも
わかりやすく、おもしろいパフォーマンスを用意してくれていたので
HIP−HOPは難しいと思っていましたが、ダンス初心者の私でも
とおおっても楽しめました。
PaniさんとLOVE JUNXのコラボのもかっこよかったなぁ。
ここのパフォーマンスはあんまり良く見えなかったんだけど、
傘を使った演出で、ホント素敵でした!

第二部はアーティストの舞台。
w-inds.が一番最初かなぁ、っておもったけれどPaniさんたちがトップバッターでした。
Pani Crewさんたちの「デスノのLのバーン」ネタ→「ババンババンバンバン」が
かなりツボりました。バーン、バーン、バーン、ババンババンバンバン♪(笑)

そして2番手がw-inds.。
セットリストは

LOVE IS THE GREATEST THING
Beautiful Life
I'm a Man
アメあと

リハーサルでセットリストはもうわかってたんですけどね(笑)

<ラブグレ>
舞台が小さいので
「ダンサーさんたちいなかったらどうする?ラブグレとか3人だけだったらBメロ寂しすぎるよね!」と
待ち時間の間に話していたのですが、ちゃんとダンサーさんたちいました(笑)
最初からもうわくわく!!!
手拍子して、楽しかったなぁ。
レコ大と一緒で、感想部分が長めの演出になっていました。
けいたくんかっこよかった・・・!!!!!
そして龍ちゃんや涼ちゃんがソロダンスやってるときに、
後ろのLOVE JUNXの子供たちにWピースを強要するけたさまにうけました。
講演終わった後に、このときの彼を散々ネタにした私たち(爆)

<Beautiful Life>
テレビとかではいつもサビは音源使ってるのに、
生歌だった・・・恐ろしい勢いでさえてる慶太くん。
本当にすごかった。
ビューライだったかなぁ。慶太くんがぐるうううと会場指差しをしていて
「ああああ指差しだ!!!!」とかなり感動しました。
武道館のときは2階だったから指差し圏外だったんだよ・・・(笑)
案の定叫ぶ私。
そして叫び声がかわいくない私。
きゃあああ、とわく会場の中、
「ぎょえええ」とか「うおお」とか叫ぶ私(・・・)

<I'm a Man>
聞けて感動だった・・・
この曲は絶対絶対ライブでききたかったの・・・!
だからリハの時点で興奮Maxだったんだけど、
諸事情で朱音ちゃんが爆笑していてねぇ・・・
本番でも、途中で私もやっぱり笑いがこみ上げてきてしまった(笑)
しかもサビの歌詞が音源で、
あの「らーい、らーい」の部分を慶太君が生で歌ってたよね・・・!
そのときに朱音ちゃんの顔をみてみたら、
ものっすごく笑顔が輝いていました。それはもうキラキラと(笑)

<アメあと>
最初に、3人が空をみあげるんだよね。
そのときのけたさまがちょおおおおおおおおおおおかわいくて!!!
思わず「かわいい!かわいい!」と叫んでしまい、
まなみちゃんと騒ぎました。うああ、ほんとかわいかった・・・
空を見上げるんだけど、そのときに雨が降ってるか確認するように手をかざすんだよね。
この日は晴天だったんだけど、ほんとうに今その瞬間雨が降り止んだかのような
錯覚さえ覚えた・・・。うん、この曲を野外で聴けた私は幸運だなぁ。
ほんと綺麗だった、あのシーン。
私が座っていた位置からは、慶太くんの表情がギリギリみえるかみえないか
くらいだったんだけど、あのときの表情だけはくっきりと覚えてる。
(・ω・)←みたいな顔してたの!!!(笑)

肝心の曲ですが。
いやぁ、ほんと・・・なんて言い表していいかわからないくらい美しかった。
ホント綺麗だったよ。CD音源よりもずっとずっと。
ダンスはねぇ、あんま覚えてないんだけれど
涼ちゃんがいつもの3割り増しくらいでダンスがきびきびしてて、
アメあとは・・・ちょっとおもしろかったです(笑)


w-inds.の次はDA PUMPさんでした。
諸事情で個人的にこのあたりで一気に気分が盛り下がってしまったのですが・・・
(パンプさんのせいでは決してないです)
パンプさんはやっぱりすばらしかったです。最後の曲でw-inds.もでてきたらしいのですが
私はわからず・・・残念。


ここで一通り出演者のパフォーマンスは終わったのですが、
エキシビションのダンスバトルも見ることが出来ました。
このときに出演者がぶあああっと全員出てきたんだけれど
涼ちゃんがすっごいぺこぺこしてました。
3人とも楽しそうだったけど、慶太くんがすっごく居心地悪そうにしてたなぁ・・・。
でも、ファンはすっごい盛り上がってるし、出なきゃいけない状況に
なってしまい、最後のほうでダンサーさんたちを引き連れて
少し踊りましたが、始終きょどり気味でした。
(^□^;)←こんな顔だった。
そんな彼を見守りながらはらはらしていた私。
パフォーマンスにドキドキするというよりも、
「がんばって!!!」と思わず念を送ってしまい、気分は母親(笑)
あのメンツに囲まれたなかで踊るのはほんと緊張しただろうなぁ・・・

あ、あとね。
このエキシビションのときにすっごく高度な技をしているダンサーさんがいて。
「すっごおおおおおお」と感動したのですが、
よくみてみたらなんとLOVE JUNXの男の子でした!
彼がダウン症だからとかそんなんじゃなくて、
あんなトップダンサーに囲まれても
まったく臆することなく、本当にかっこよく技を決めていて。
そういうことに、びっくりしました。プロの方たち以上に彼にはオーラがあった!!!
ダンスバトル、という形式でしたが、LOVE JUNXチームの圧勝という
かんじだったかなぁ。みんなの前に進んで出て行くことにも、
自分を表現することにも、戸惑いがないもん。
そんな姿が、とってもかっこよかったです。

最後はテーマソングのONE + LOVE WORLDを歌っておしまい。
慶太くんは子供たちに囲まれて、うれしそうでした。






そんな感じで。
すっごく素敵なイベントでした。
個人的に、今回のイベントはw-inds.目当てだけでいったわけではありませんでした。
いや、もちろんw-inds.がきっかけでこのイベントに参加したのは本当だけどね。
でも公式HPのブログとかを読んでいて、
子供たちやスタッフのみなさんの「成功させたい」という
強い意志に感動して、そんな方たちの作り上げるステージを
是非見に行きたいという思いがあって、今回参加しました。

だからね、今回のイベントで
一部とげとげしく、配慮にかける発言があったことがすごく不愉快でした。
もちろん一部のファンに対してだって、不満はあるけれど
でもそれ以上にMCの方に私は怒りを覚えたよ・・・
怒り、っていうと大げさかもしれないけれど。
でも私は短気だから思わずイライラしてしまったし、
彼の発言で最後のほうはこのイベントのメッセージを
素直に受け止めることが出来ませんでした。

だから、もちろん今回のイベントは楽しめたし、
出演者の皆さんのメッセージは十分伝わってきたけれど、
「やさしくあたたかいイベント」というふうには残念ながら感じられませんでした。
いやみっぽいかもしれないけれど、それが私の本当の感想。

難しいことだね、人と人との間に壁や偏見を取り払うことは。
自分と違うことに、寛容になることは。
皮肉にも、そんなことを強く実感してしまいました。
そして、それは私自身にもまったく同じことが言えるということも
同じくらい、強く思い、反省せずに入られませんでした。

でも、今回のイベントに参加したことによって
私の中でまた新たな考えや視点が生まれたし、
少なからずあったであろう差別の心(無意識のうちにあるものを含め)も薄れたと思います。

私の周りにも「来年は参加したい」という子もいるし、
来年も出来ればいきたいなぁ、とおもっています。
音響もすっごくよかったしね!(←とにかくこれに感動したらしい)
ハウリングとかないように、すっごく丁寧にマイクチェックしてたけれど
本当よかったです。
| Love, w-inds.!!! | 18:10 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 18:10 | - | - |