1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
ABOUT ME
SELECTED ENTRIES
Thanx for your love!!
LOVE
IT’S IN THE STARS(初回限定盤)(DVD付)(w-inds., shungo., Koma2 Kaz, Hayato Tanaka) / カップリングふくめた三曲がうまい具合に繋がっています。新感覚のノンストップリミックス!聞いてて元気になれます。 ageha(w-inds.) / 名曲ぞろいのアルバム。ハズレ無し!葉山さまプロデュースの四季,スキマスイッチ提供のキレイだとマバタキの夢はきいて損無し。 スターゲイザー(スピッツ,草野正宗,亀田誠治) / あなたを見つめているだけで、幸せなんです。 魔法のコトバ(スピッツ, 草野正宗, 亀田誠治) / キラキラ、ファンタジックな曲。 TRIAL(w-inds., shungo., Koma2 Kaz, Takamitsu Shimazaki) / とにかく、けたさまの声が素敵。ギターの音も耳に心地よい。 アカツキの詩 (初回限定盤)(DVD付)(スキマスイッチ) / 優しく穏やかなメロディーとは裏腹に切ない歌詞
クリック募金


分散設置型クリック募金donation.jp
クリックするだけで、皆様の代わりにそれぞれの企業が募金をしてくれます。 なので皆様に一切の金銭的負担はありません。
w-eblogs.
w-eblogs..gif
SUMMEEEEER☆
w-inds. live tour 2008 "Seventh Ave."
0730 KAWAGUCHI
0731 KAWAGUCHI
0827 BUDOKAN
0828 BUDOKAN
0830 NAGOYA
けたさま



だいすきな君が、永遠に輝いていられますように。
<< 正直 | main | 通り過ぎる風のなか 生まれ続ける感情 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
いろいろ。
 ひっさびさに、じゅげむの管理画面開いた!びっくり!!



以下、今年のw-inds.のツアーに関して。
ねたばれありです。
なんていうか、感情の赴くままに書いているので、
今年のツアーが好きな方は読まないほうがいいと思われます。



ええ。
なんていうか、正直、失望しました。
中途半端、ですよね。
映像にしても、コンセプトにしても。パフォーマンスの仕方にしても。
これがほんとにに8度目のツアー?って。



まず、映像。なんだあのやっすいCG。
何のゲーム?しかも同じ動画繰り返し何度も使うし。
何がSweet Fantasyなのかもよくわかんないし。
ライブコンセプトとは裏腹に、すっごく居心地悪い動画でした。
ミサイルとか、盾とか、剣とか、大砲とか、
武器ばっか映るし。
途中で謎のカウウントダウンとかうつるしね。
あれ表示されたとき、今から40秒もこのカウントダウンで
時間稼ぎさせられるんだー、ってあきれてしまった。馬鹿にしてるのか。
しかも、なにか恐い系の曲に続くと思ったら全然違う曲だし(確かラブグレ?)

ゲーム風にするならゲーム風にするで、
曲とステージをリンクさせたらいいのに、
その方法はいくらでもあるのに。
全然リンクしてないから、観客はおいてけぼりです。
あんなの、はっきりって向こうの自己満足にしか思えなかったです。

次に、セットリスト。
もうぐっちゃぐちゃ。
あっちいったりこっちいったり、非常に疲れました。
曲の演出、良いなぁっておもったのもあったけれど、
正直、ないな、とおもったのがいっぱい。
ラブグレとか、なんなの、あのトランプは…
映像の中でトランプが慶太くんの大サビのセリフにあわせてしゃべってるし・・・
謎すぎる…トランプにするならするでもっといろいろ演出の方法あったよね。
なんでこの曲にあの演出もってきたのか謎。
この曲のもとのフリすごい好きだったのになぁ…

そして、今回一番ありえないと思ったこと。
バラードの扱いがひどすぎる。
Close to you、そしてDeny。
どっちもだいすきな曲で、聞けるのを楽しみにしていたのに。
慶太くんの歌い方はすごーくよくて、だいすきだなぁ、
いいなぁ、っておもったけれど、
なんで曲の最後、照明はまだ明るいのに
歌い終わった瞬間3人ははけちゃうの?
観客、完全においてけぼりですよ。
バラードの余韻なんて全く無視。
お辞儀も何もなしに、くるっと後ろを向いて、退場。
正直、神経を疑いました。
曲や、パフォーマンスに対するプライドとか
観客や世界観に対する思いやりとか、そういうものはないのか、って。
心の底から、あきれた。
いままでの3人って、こんなんじゃなかったよね?
そして、Close to youのテンポが異様に早かった。
あの曲ってあんなテンポよく歌う曲だっけ。

女性ダンサーはすっごくかわいかったです!
w-inds.そっちのけでみてしまった。笑
かわいいー!!!
ブギウギとか、Crazy for youとか、みなれたフリも
女の人がやると、全然違う!セクシー!
個人的にTop Secretとかも女の人に加わってほしかったなぁ。
来年以降も、ぜひ入って頂きたいです。

…が。
横浜公演では、もっと慶太くんと絡んでたらしいですね。
川口では、そういったフリはほとんど削除だったようです。
…これって、どうなの、と。
私は、w-inds.のファンの層を考えれば
過激なフリをファンは求めていないし、不要だと思います。
そして、w-inds.側も、それは十分承知していたはず。
でも、それをおしのけて、今回の演出をいれたわけですよね。
それを、初日2日間だけやって、あっさり削除ってどうなのよ、と。
そんなに軽いものだったのかな。
そんな簡単に変えちゃうくらいのものだったら、
最初から入れなきゃいいのに。
そう、思いました。

 

最後に、今回、謎の新曲と思われる曲を歌ったり
あと龍ちゃんがふりつけたらしい曲があったのに
ひとことも説明がありませんでした…
なんだったんだろ。
今回の公演しか、いかない人だっているよ?
いくらリピーターが多いからって、
最近w-inds.は一回一回の公演を軽く扱いすぎではありませんか。


そんなこんなで。
最初はふっていたペンライトも途中で消して。
体を動かすのも面倒になって。
曲後の拍手すらしたくないな、と思ってしまうような曲が何曲かあり。
こんなにいらいらして、辛くて、悲しいとおもったライブははじめてでした。

最後の最後、ブギウギ66で
やっと救われた気持ちになりました。
バンドブリッジ、楽しそうな3人、ダンサーさんの紹介、
見慣れたパフォーマンス。
ああ、w-inds.だなぁって。


今年のFCイベントを見て、w-inds.はこれから変わるんだなぁと
ひしひしと感じました。
でも、イベントでのパフォーマンスや演出にはすごく感動したから
それはそれで、私の好みとは違うけれど
応援したいと思いました。

でも、その結果がこれなら。
この程度のうすっぺらいものなら。
私は正直もう彼らにはついていく気はないです。

彼らが努力しているのはわかっているつもりだよ。
でも、もっともっと、がんばれる3人だと思ってたよ。
妥協を、許さない人たちだと思ってたよ。
実際、ラブグレの慶太くんのうたい方とか、
龍ちゃんのブレイキンとか、すっごく素敵だなぁ、
成長したなぁ、っておもったよ。
照明とか、セット、小道具はかっこよかった。

でも、あまりにも中途半端すぎる。


三人は、ほんとうにこれでいいとおもってるの?
これが彼らのベストなの?
もうちょっと、プライドを持ってほしい。
2か月かけて、ツアーをやる意味を、
その責任の重さを、もうちょっと、考え直してほしい。

なんだか、すべてのことに対して
軽いな、覚悟が感じられな、
とそう思った公演でした。

来週の国際フォーラムは、もうちょっと楽しめるといいな。

| - | 00:26 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 00:26 | - | - |